クリスタルの浄化について

クリスタル(天然石)の浄化方法は、様々な本やウェブサイトなどで紹介されていますが、
中には石に負担をかけやすい浄化方法もあります。

どの石に対してどの浄化方法を使ったらよいのか?というご質問をいただいたので、
ハートストリングスがおすすめする浄化方法をご紹介します。


 

<参考文献>

癒しの石―宝石のもつヒーリングパワー
⇒シンプルですが、石の扱い方を丁寧に、そしてきちんと説明してくれています。  一読の価値があります。

Purifying Crystals Michael Gienger
⇒Michael Giengerさんはドイツのヒーリングストーン業界の重鎮です。
英語のKindle版が出ていますので、英語ができる方はこちらを参考にしてみてください。


 

1ごみやほこりなど、いわゆる物理的な汚れ

化粧用(チークブラシなど)のやわらかい筆で掃除することをおすすめします。

2水による浄化

一番のおすすめなのですが、 基本的に水晶系(クリアクォーツ、アメジスト、ローズクォーツ)のみとすることをおすすめします。 その他の石の場合、目には見えないけれどヒビや亀裂の入っているものもあり、 その中から水が入り込んで褪色の原因になります。

水の浄化の場合は、流水での浄化をおすすめします。

3塩による浄化

天然塩の入った大きめのボウルと、中に石をいれた小さめのガラス製のボウルを用意し、
大きめのボウルの中に小さめのガラスのボウルを入れます。
だいたい一晩くらいおくと、浄化されます。 あまりにつけすぎないようにしてください。

※褪色しやすい石(水を含有している石)、オパール、ピンクカルセドニー、グリーンカルセドニー、クリソプレーズ、アゲートは、直接塩につけないでください!

4エンジェルシンボルによる浄化

特に情報が入っていたり、情報をプログラミングした場合の浄化におすすめです。
ヒーリングエンジェルシンボル のエンジェルシンボル4番の上にクリスタルをおきます。
だいたい15秒~数分でエネルギーがクリアーになります。
上記のヒーリングエンジェルシンボル に入っている大天使ガブリエルのシンボルもおすすめです。

5日光・月光による浄化

日光・月光による浄化もおすすめです。ただし、日光は強すぎて褪色する石もあります(アメジストなど)。
その場合は月光にしてください。 月光は、満月での浄化をおすすめします。

6土による浄化

石全体に元気がないときは、白い布につつんだ石を庭の隅などに埋めて、 1か月くらいそのままにしておくといいでしょう。

7砂による浄化

温度に注意しなければなりませんが、石の入った器をアロマポットなどであたためます。
熱のエネルギーで、石が浄化・活性化されます。

8セージによる浄化

セージの葉を燃やした時に出る煙で浄化します。

9ドライハーブによる浄化

ラベンダーやローズマリーなど浄化力の強いドライハーブの中に埋めておきます。

10音による浄化

エンジェルチューナーなど音叉を使って、クリスタルの浄化をします。
音叉は、情報やプログラミングなどの除去に特に有効です。

11オイルによる浄化

浄化力のある精油、たとえばミルラ、セージ、フランキンセンスやジュニパーを薄めてスプレーにし、 スプレーを布に数回シュッシュとして、その布でクリスタルをふくこともできます。
ただし、水に弱い石は避けてください。

12アメジストやクリスタルクラスターによる浄化

アメジストやクリスタルクラスター自体を流水で浄化した後に、他の石をその上において浄化させます。


 

上記のやり方それぞれをペンジュラムで確認してもよいでしょう!