←製品の使い方や体験談が載っています!

イングリット・アウアー(Ingrid Auer)のエンジェルシンボル&エンジェルエッセンス

エンジェルシンボルとは?

エンジェルシンボルはオーストリア出身のイングリット・アウアーが天使界からの依頼によってチャネリングしたもので、ハンドメイドで透明プラスチックシートからつくられたオリジナルシンボルとオラクルカード形式のシンボルの2種類に展開されています。

エンジェルシンボルの最も大きな特徴は、単なるオラクルカードではなく(もちろんオラクルカードのように使うこともできますが)、エンジェルのエネルギーを呼び出すためのシンボルである、という点です。

どういうことかというと・・・
このエンジェルシンボルはそれぞれ、特定のテーマを司る天使のエネルギーを呼び出すための鍵(キー)のように機能するということです。
ちょうど、レイキなどのエネルギーワークにおけるシンボルと同じですね。ただし、レイキなどと違って、アチューメントやマントラは不要です。

ですので、このエンジェルシンボルの本&カードを購入すると、その日から、天使のエネルギーを使ってエネルギーワークすることができるようになるのです!
 

たとえば、チャクラの上に置いてエネルギーチャージしたり、水の入ったコップにエネルギーを転写することもできます。
ちょ うど、クリスタルの作用と似ていますが、クリスタルと違って、浄化は不要です。
クリスタルというよりは、CDのようなものだと思ってみてください。CDプ レイヤーにCDをかけると、いつでも同じ曲が同じ品質で流れてきますね。それと同じように、エンジェルシンボルも、いつでも変わらないエンジェルのエネル ギーを呼び出すことができるのです。

このエンジェルシンボルは、実際にセラピーの現場でも使われている高品質のものです。
そして、いわゆるスピリチュアル業界のセラピストさんだけではなく、歯医者、病院の看護婦、小学校の先生、ホスピスケアの従事者、アニマルコミュニケーターなど、さまざまな職業の人によって使われていることからも分かるように具体的で実践的で応用範囲が広いことが特徴です。

天使につながるためにはヒーラーやセラピストの仲介が必要だと思っている人もいるかと思います が、日常の中に隠されているスピリチュアルな成長のヒントをつかんだり、自分で自分を癒していというセルフヘルプ(自助)に重点を置いているグッズですの で、自分で直接天使とつながりたい、天使とのコンタクトを密にしたいと思っている方には大きなサポートをくれるグッズです。

アウアーさんの会社のモットーは、
「できるだけ多くの人に、分かりやすく簡単に日常生活に取り入れられる天使のエネルギーを届ける」というものです。

頭で考えるのではなく、とにかくグッズを手にとって、毎日ワークしてみましょう!
必ず天使の存在を感じることができるようになるはずです。


イングリット・アウアー(Ingrid Auer)について 

「イングリット・アウアーは、長年フリーのキネシオロジストとして活動していた。その後、エンジェルシンボルとエンジェルエッセンスをチャネリング・製 造・普及するようにと天使界からの依頼を受ける。アウアーは、天上界と地上界の仲介者として、関心のある人々に、本、講演、セミナーを通じて、知識や体験 を伝授している。できる限り多くの人に天使界からのサポートツールを普及させるために、リヒトプンクト(Lichtpunkt)社とエコ ニャ(Ekonja)出版社を創設した。彼女の夢の一つは、リヒトプンクトセンターを各地に設立し、人々の身体、魂、スピリチュアリティに関する困難を助 けサポートすることである。」
(イングリット・アウアーさんの創設した会社・オーストリアのリヒトプンクト社の紹介より)

「イングリット・アウアー(1960年11月10日生まれ)は、オーストリア出身のセラピスト、ベストセラー作家、会社経営者。
長 年キネシオロジーセラピスト兼オーラソーマプラクティショナーであったが、1999年以降、天使界からチャネリングによって得たエンジェルシンボルとそれ をもとにしたエッセンス(バッチフラワーエッセンスに類似している)を開発するようになる。これらのシンボルやグッズは、天使界からエネルギーが直接 チャージされるような仕組みになっている。
開発と並行して、シンボルやグッズに関する本を執筆する。著作では、自身のグッズを中心に据えて、スピリチュアリティやヒーリングに対する現代風のアプローチ法を紹介している。
アウアーにとって重要なのは、スピリチュアリティにナチュラルに取り組むことであり、現実に根ざしたままでいることである。この点において、アウアーは古典的なニューエイジャーたちと一線を画している」
Wikipediaの記事より)